MENU

 

TOPICS

トピックス

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 1月

  • 2月

  • 3月

2019.09.04本音で語ります!対談企画!
~第2弾:御内選手×笠原選手~

対談企画第2弾!今回は同級生コンビの御内選手×笠原選手の対談をお届けします!
早稲田大学時代は、チームメイトとして4年間切磋琢磨してきた2人。
お互いをよく知る2人だからこそ話せる真剣な対談となりました。

―笠原は昔から卓球に対する思いが強かった

御内選手(以下、御内)「早稲田大学時代は4年間ほとんど一緒にいたよね。どこに行くのも一緒だった」

笠原選手(以下、笠原)「そうだね」

御内「試合も何回かやって、笠原にボコボコにされた(笑)」

笠原「でも、社会人になってからは、御内に3、4回負けてるよ(笑)」

御内「8年ぶりに同じチームになったけど、笠原は昔から卓球に対する思いが強い印象があって、そこは今も変わらないな」

笠原「御内は昔から変わらないよね。御内とは早稲田大学時代の4年間一緒だったから、移籍してきてからも変わりなくやれているな」

―シチズンは優勝できる位置にはいるし、脅威になれていると思う

御内「社会人になってからは、1年に1回飲みに行ったり、試合会場で会うくらいだったよね」

笠原「チームとしては試合で何回もあたってるよね」

御内「笠原が所属していた協和キリンには全然勝てなかった。協和キリンに勝たないと優勝できない状況だったから、なかなか優勝に届かなかったな。実業団選手権でも協和キリンは決勝の常連チームで、頭ひとつ抜けてたと思う」

笠原「一昨年は協和キリンが本当に強くて、ほとんど優勝や準優勝だったと思う。今は、東京アートが強いよね。でも、上位チームはシチズンを含めて僅差だと感じてはいるけど」

御内「そうだね。7月の実業団選手権でも紙一重のところで負けたし、東京アートに勝てたら優勝が見えるよね。シチズンも、優勝できる可能性は十分あるし、他のチームにとって脅威になれていると思う」

―優勝したい。勝たないといけない

笠原「チームで優勝したい。シチズンは去年2度優勝していて、自分が加入したことによって負けるのは嫌だし、自分の環境も変わったので勝たないといけないと思う」

御内「僕もチームとしてはやっぱり優勝したい。4人しかいないからこそ、勝ちたい、優勝したいという気持ちが強い」

笠原「個人戦では、周りの選手はみんなレベルが高くて、どういう結果を残せるかはわからないけど、全日本社会人選手権も全日本選手権でも最高3位なので、そこを超えられるように、常に上を目指して頑張りたいな」

御内「個人的には、30歳になって卓球選手としては年上の部類になってきたけど、若い選手には負けないという気持ちで頑張りたい」

<おまけ>
対談の締めくくりに、お互いを漢字1文字で表してもらいました!
悩みながらも1文字を決めてくれました!

御内→笠原:「個」
御内「笠原は、自分をしっかり持っていて周囲に流されず、自分の思いや考えを持って行動できる人。個性もあるし、自分というものもしっかり持っている。自分らしさ、個性があるので『個』を選びました」

笠原→御内:「広」
笠原「御内は一言で言うと優しい。心が広いし、卓球でも守備範囲が広い。人間性でも卓球でも『広さ』を持っているのでこの漢字を選びました」